ハイジンネット

34年間ありがとう!そしてさようなら!足利の名店『クレープのお店・デイリーファーム』本日閉店

time 2018/09/30

34年間ありがとう!そしてさようなら!足利の名店『クレープのお店・デイリーファーム』本日閉店

足利で34年間営業していたクレープ屋さん『デイリーファーム』が本日閉店した。
34年前と言ったら、僕はまだ9歳の時にOPENしたんだな。

子供の頃はもちろん自分の意思でクレープを買いに行く事などはなく、
お母さんが買ってきてくれたりするのを食べてた記憶が薄っすらあるくらい。
中学生くらいになると、クレープってオシャレな人が買うイメージがあって敷居が高い気がした。
あと女子高生が多く見えたから、中学生くらいからすると女子高生って大人の女の気がして近付くのも怖かった気がする。
でも、中学の頃ってハンバーガーショップとかボウリングとかで金を使う事がイケてる遊びみたいに勘違いしていて、
無理して友達と遊んでいた気がする。
(42歳の今よりも中学時代の方が外食をしていたというのは皮肉なもんだな)

sponsored link

そして・・・営業最終日に25年以上ぶりにクレープを買いに来た!

P_20180930_125400

凄い!長蛇の列・・・。
時間は13時頃だったかな。
雨は降っていなかったが、天気が悪く雨に変わる予報だったので、
まさかこんなに人が並んでるとは思わなかった・・・。
想像以上の列だったが、それだけ足利市民で寂しい気持ちの人がいっぱいいるんだなってジーンとしちゃったな。

P_20180930_153846 P_20180930_165039

待つ事5時間近く・・・・やっと店に入る事が出来た!

店に入る前の軒下には寄せ書きなどが飾られていた。
花束もいっぱい届いていた。

P_20180930_163600
ヤバイな・・・。こんなの読んだら・・・。

P_20180930_165531 P_20180930_163127

女子高生から常連さん達の寄せ書き・・・。
親子三世代ファンの人もいる。
34年間ずっとやってきた歴史を感じましたよ。。。

P_20180930_165520

P_20180930_163624

P_20180930_164902
P_20180930_164855



P_20180930_164847

P_20180930_164839

P_20180930_163615

P_20180930_163356 P_20180930_163640

閉店理由は建物の老朽化でビルが建て壊されるらしい・・・。

P_20180930_165941

2階のトイレに上がってみた。。。
既に廃墟のようだった。
もう見る事ができないであろう、貴重な2階からの眺めを撮っておいた。

P_20180930_164759

P_20180930_164812

遂に注文の時が来た!
僕が頼んだのはチョコバナナアーモンド生クリーム350円だ!

P_20180930_165934

ホントは400円のプラスカスタードにしようと思っていたが、
カスタードが品切れになってしまったので変更した。
僕の中ではクレープは色々な味があるけど、
やっぱり、チョコバナナ系が1番じゃないかと思っている。

P_20180930_170332

おじさんの働いてる姿も今日で見納めだ。
常連じゃなくても、ここまで寂しい気分にさせるんだから、
毎週のように通っていた常連さん達の寂しさは計り知れないなって思った。
そんな常連さん達の心境と、余力を残してやめたいという店主さんの気持ちを汲み取ると、
自然と涙がこぼれそうになってしまった。

P_20180930_170355

夏はカキ氷で賑わったんだろうなぁ。。。

P_20180930_174802 P_20180930_174747

この肉厚さ!と大きさ!
これで350円はお得過ぎる!
僕は貧乏でケチでスイーツ系なんて自腹で食べたいと思うほどコスパが良い物はないと思っていたが、
このボリュームと値段のお得感と満足度は、
他のクレープ屋ではなかなか越えられないだろう。
『値段が安ければ小さい!』とか『ボリュームがあれば高い!』というのが常だろう。
このデイリーファームは『値段が安くてボリュームがある!』だから参る。
もちろん、生地から全て美味しい。

店主さんの丁寧な仕事っぷりは、
ショッピングモールなどに入っているクレープチェーン店では感じる事はないだろう。
そこには、『愛情』というスパイスがふんだんに入っているような気がした。

薄毛男性に大人気!ミクロソーム育毛剤

このブログに検索で辿り着いた人の中には、
足利を離れて暮らし、『閉店』という噂を聞いて検索して辿り着いた人も多いかもしれない。
そして、帰省してもこの味を味わえる事はないんだな・・・と寂しい気分になってる人も多いかもしれない。

ご主人に『移転して再営業したりはしないんですか?』と聞いた。

ご主人は『若かったらやった。こうして皆が来てくれてる時にやめるのがいい』と語っていたのが印象的だった。
葛藤は絶対にあったと思う。
倒れるまでやろうとか、お客が誰も来なくなったらやめようとか・・・。

僕がここまで感動してる理由がもう1つあって、
これは僕個人的な話しになってしまうけど、
僕のお母さんも自営業で1人で飲食店をやっていたんだ。
癌に侵されて横になっていたい時が多くなっても店を開けていた。
そんな客が来る店じゃなかったから出来たってのもあるけど、
辛かったら閉めちゃえばいいのに・・・って言っても、
楽しみに来てくれるお客の為に定休日以外はなるべく閉めたくないと頑張っていた。
そうこうしているうちに出先で倒れてしまって、入院生活のまま亡くなってしまった。
自分のお店を愛している人って、お客さんも店もすべてが愛おしくて大切なんだよな。
だからこそ辞めたくないし、逆に辞めるタイミングも難しい。
デイリーファームのご夫婦も、辛く寂しい苦渋の決断だったと思う。

とにかく今は34年間お疲れ様でした!という言葉しかありません。

P_20180930_172032  P_20180930_172045

今頃、みんなからの寄せ書きを読んで34年間やってきて良かったと思ってることだと思います。。。

youtubeの方に最終日の状況の動画をUPしました。
良かったらご覧ください→youtubeデイリーファーム最終日動画

sponsored link

down

コメントする






管理人

81jin

81jin

youtubeも投稿しています お気軽にコメントしてくださいね。 youtubeチャンネルはコチラ
超貧乏1人暮らし生活を送っています・・・
↓お恵み大歓迎!↓
amazonの欲しい物リストはコチラ

おすすめクレジットカード8選
高還元のクレジットカード



sponsored link