ハイジンネット

祝!ドラクエ30周年!僕が10歳の頃か・・・あの頃に戻りたいな・・・。

time 2016/06/01

祝!ドラクエ30周年!僕が10歳の頃か・・・あの頃に戻りたいな・・・。

E146_sudoribokujyou_TP_V1
ドラゴンクエストは、RPGで1番好きなゲームです。
シナリオ、音楽、キャラクター、世界観・・・全てが最高だし、ドラクエから学んだ事は数え切れない。
僕が海外旅行に行きたくなったキッカケとハマった理由は色々ありますが、
その中の1つがドラクエなんですよね・・。
モンスターこそは倒すことはないけど、一人旅こそがドラクエでありレベルアップする為に行ってるような気もする。
旅先ではモンスターの代わりにボッタクリ店や、あくどい奴らと対決する事もあるし、強盗に襲われた事もある。
時には旅先でパーティーを組み、一緒に行動を共にする事もある。
旅は一期一会って言いますが、本当にそうなんだよな。
人生自体、『このバイトに入ってなかったら出会ってなかった・・・』的な出会いの不思議さはありますが、旅はその凝縮版なんです。
『今日、今、ココにいたから出会った!』というピンポイントでの出会いの繰り返しなんですよね。
この不思議さというか運命的な出会いと別れが好きだったりするので旅はやめられない。
時には、その出会いは最悪な出会いにもなり得るわけだけど、そこは経験と勘で回避しなくてはならない。(力づくでのトラブル回避は難しいけど・・・)

sponsored link

ドラクエのダンジョンでは『右、右、右』と攻めた。旅先でもモチロン『右、右』だ!

ドラクエでは、新しい町に行く度に何ともいえないワクワク感とドキドキ感、そして癒しがあった。
これ、リアル旅でも同じ事が言えるんですよね。
知らない町に着いた時の右も左もわからない感覚、そして宿屋を探して泊まれる所がとりあえず確保できた安堵感。
そして翌日から散策をして、土地勘を掴むレベルアップ感。これ、全てドラクエなんです。

ドラクエⅡとドラクエⅢの発売日の争奪戦は一生忘れない・・・

今の世の中では考えられないと思いますが、
あの時の発売日は、地元のアピタというデパートで開店前から並ぶわけですが、
あの頃は今ほど並んで何かを買うというのがメジャーじゃなかったので、店側も対応がすっごく甘かったんですよ。
今だったら、もちろん整理券だの、完全予約販売だの、それらがなくても朝イチに入り口で並ぶ順路くらいは作ってると思う。
しかし、あの頃は、予約こそはあったけど、予約を受け付けてなかったアピタでは、
入り口に並んでおもちゃ屋までダッシュするわけですよ。
イメージ的には、兵庫県の西宮神社で行われている福男の競争みたいな感じです。
しかも、汚いのは入り口を1箇所に集めてないんですよ。デパートですからね。
入り口が数箇所あって、通常通りの開け方しちゃうもんだから、ドアのチョイスも重要だったわけです。
絶対に今じゃ考えられないな・・・。今だったら裏の入り口とか開けないだろうな・・。
でも、ガキの頃だったから良い経験だったな。大人になってアレはやりたくないけどね。

ファミコンのドラクエ(1~4)に燃えていた頃が人生で一番楽しい時だったよ・・・

今、僕は40歳。
ドラクエ1が売り出されたのは10歳の時だった。
あれから30年も経つのか。
あの頃いた家族は3人死んでしまった。
30年前は、30年後の自分がこんな辛い事になってるとは思ってもみなかった。
家族みんな、ずっと元気だと思ってたんだけどな・・・。
子供の頃は、家族が老いていく感覚も薄かった。
それを感じるようになったのは20代半ば過ぎて、お婆ちゃんが死んじゃった時に現実を知った気がする。
僕は、すっごいお婆ちゃんっ子だったから、本当に辛かった。
まさか、それから15年経たないで、今度は最愛のお母さんも死んでしまうとは夢にも思ってなかったし、
それこそが、僕が人生で一番恐れていた事だった。
今の僕は何もない。
お母さんが死んだ時点で、僕の人生も終わったと思った。まさにブログのタイトルのまんまだ。

ドラクエに燃えていた、あの頃に戻れたらな・・・。あの頃に家族に会いたいよ・・。

sponsored link

down

コメントする






管理人

81jin

81jin

youtubeも投稿しています お気軽にコメントしてくださいね。 youtubeチャンネルはコチラ
超貧乏1人暮らし生活を送っています・・・
↓お恵み大歓迎!↓
amazonの欲しい物リストはコチラ

おすすめクレジットカード8選
高還元のクレジットカード



sponsored link