ハイジンネット

スマホで動画撮影の必需品!3軸スタビライザーを持っていても買い!Shoulderpod S2を買った感想

time 2018/03/07

スマホで動画撮影の必需品!3軸スタビライザーを持っていても買い!Shoulderpod  S2を買った感想

みなさんはスマホで撮影する時は三脚など何か使ってますか?

圧倒的に何も使ってない人が多いと思います。
自撮り棒やミニ三脚を使ってる方も多いかと思いますが、
自撮り棒って携帯性が悪いですよね。
あと自撮り棒は飲食店などの店内で料理の写真だけを撮りたい時は、
棒からスマホをはずす手間もある。
ミニ三脚も便利なんですが、
良い物(高い)ミニ三脚になるほど携帯性が悪くなる。
(作りは関係なく携帯性重視なら100均のが1番良かったりする)

sponsored link

不安定なスマホ保持は手振れはもちろん、
落下破損のリスクも高くなる。

スマホ
【国内正規品】Shoulderpod S2 プロフェッショナル用スマートフォンハンドルグリップ
スマホでの撮影と言っても、
料理の写真を撮ったり、ゆっくり立ち止っての風景写真の撮影くらいでしたら、
両手でホールドして撮っても十分かもしれない。

ただ、動画となってくると話は変わってくる。
ほとんどの人がスマホを横にして撮影をする時は、
上の写真のように構えると思う。

撮影してる人の持ち方を見ていると、
もっと右手は摘むように持ってる人の方が多いかもしれない。
もし、動画を撮ろうと歩きながらこの状態で撮ると、
ちょっとした事でスマホを落としてしまうリスクは高まる。
単純に手を滑らせて落としてしまったり、
ズームやシャッター等のボタン操作で落としてしまったりする。
人が多い観光地では不意にぶつかって落としてしまう人もいるだろう。
高いiphoneなどを落としてガラスの破損や故障をしたら全て台無しになってしまう。

そして手振れも想像以上にすると思う。
上記で『つまむように持ってる人も多い』と書いたが、
手振れを緩和させようと柔らかく持とうとする結果、
ガッチガチにホールドするわけでなく、つまむように持ってるのかもしれない。
まぁ、それによって落下破損のリスクも上がるわけですが。

sholderpod S2は非常に実用的だった。


まず、当初の目的通りの、
落下破損リスクの軽減は完璧だった。
そして、手振れに関しても、
電気式の3軸ジンバルのような安定感はないが、
スマホだけ持っての撮影よりも遥かにブレが少ない。
これは、sholderpodの機構や性能云々よりも、
持ちやすさからくる安定感でブレが軽減されるのかもしれない。

3軸の電動ジンバル・スタビライザーを持っているから必要ない?!

僕も3軸のスタビライザーは持っている。
それでも、これを買った。
そして、これを買って良かったと思っている。
では、何で3軸スタビライザーを持ってるのにコレを買ったか?
誰もが『3軸ジンバル・スタビライザーの方が綺麗に撮れるから必要ないだろ』と言います。

3軸ジンバルを知らない方はこんなやつです↓

3軸ジンバルの携帯性

僕がジンバルを使う時は、
家を出る前から『今日は○○で撮る』とプランが決まっている時。
ジンバルは大きいので、リュックやカバンに詰めて持ち歩く必要がある。
なので、【撮る予定がない時は、当然持ち歩くことはない物】だ。

しかし、そういう時に限って、
出先で突発的に撮りたいと思うシチュエーションがあったりする。
そんな時は、どうするか?
当然、スマホを普通に持って撮ることになる。
で、上で書いた【手振れ&落下破損の恐怖】に直面する流れとなる。

sholderpodはポケットに入れておける。
常にポケットに入れて動画を撮りたい瞬間に備える事ができるんだ。

オマケに卓上スタンドにもなり、簡易的なミニ三脚的にセルフィーも出来る。
更に、三脚撮影の時もsholderpod本体からはずす事なく三脚に取り付けられて非常に便利。

最後に動画で要点をまとめました。
参考にしていただけると幸いです。

sponsored link

down

コメントする






管理人

81jin

81jin

youtubeも投稿しています お気軽にコメントしてくださいね。 [詳細]

おすすめクレジットカード8選
高還元のクレジットカード



sponsored link