ハイジンネット

足利のブックオフのレトロゲーム機の高さは異常!

time 2016/05/11

足利のブックオフのレトロゲーム機の高さは異常!

今、レトロゲームブームなのか、一昔前では考えられないくらい旧ファミコンなどのソフトを取り扱っている中古屋が多くなった。
15年ほど前は、インターネットも普及してなくて、ファミコンやPCエンジン、メガドライブのソフトを探すのは大変だった。
足利では、クウムという店が一時は元気があった。
JR足利駅前通りの所と、今は居酒屋『さ倉』(朝倉町かな?)になってしまった場所にあった。
さ倉の場所は、家から自転車で5分とかからないので、よく通っていた。
確か、クウムがなくなってから、ファミコンショップVという胡散臭い夫婦だか親子がやっていたゲーム屋になったんだっけな。
そのファミコンショップVも一時は元気があって、品揃えも抜群だった。
クウムの跡地に入る前は、足利市民プラザの前のテナントビルに入っていた。
そこでも、よく通っていたな。
ちょうどアノ頃は20~25年前くらいだと思う。
確か、ファミコンショップVで僕はセガサターンを買った。当時の購入価格は45000円くらいだった。
(アノ頃は金あったのか?!いや、全貯金をゲームに費やできる環境があっただけだな。きっと)
任天堂64が発売された時も、ファミコンショップVで発売日に買った。本体が25000円でマリオ64が9800円だったかな。
今じゃ考えられない散財ぶりだ。
他にも、足利には一時、芳町にヒーローというファミコンショップがあったり、
柳原小学校前にも、小さいファミコンショップがあって、そこではグーニーズを買った記憶がある。
きんこん館も、アピタに入っていた事すら知らない若者が多いと思うけど、アノ頃は通りの本店も活気があった。
わんぱくこぞうや、ファミコンショップ桃太郎なんてのもあったな。
85年~93年くらいの8年間は、僕が一番好きな時代でもあり、
一番生きていて楽しい8年間だった。

sponsored link

僕の中では、セガサターン、プレステ時代になって、ゲーマー人生が終わった気がする

上記でも書いたように、サターンと64は発売日に買った。
その頃でも、ゲーマーだったわけだけど、明らかにゲーム熱が下降線を辿ってる気が自分でもわかった。
それは大人になったからなのか?他に楽しい事が見つかったからか?単にゲームに飽きたからなのか?
どれも違うような気がするし、どれも当てはまってるような気がする。
僕って、根本的に努力しない人間なんですよ。
それはゲームに対しても同じ。
普通の人は、何かをする時に、しようと思った事に対して頑張ろうとしたりするけど、
僕の場合は、自分の器というか技量や知識のキャパを超えてしまったものは即諦める。そしてやらない。
これ、人生全てに言えることで、わかりやすく言うと勉強がわからない。努力しない。わからないままやらない。だ。
ゲームも同じ。自分の技術でクリアできないものは放り出す。頑張ってクリアしようとしないんだ。
そんなこんなで、サターン辺りのゲーム機から、急にクリアできないゲームが増えて冷めたような気もするんだ。

そして、アノ頃の楽しさを求めてオールド(レトロ)ゲームに気持ちが向かう。

僕のゲーマー人生として、一番の黄金期が旧ファミコン~PCエンジンだと思っている。
PCエンジンの後期(CD-ROM)からスーパーファミコン、メガドライブ辺りは見る目が厳しくなっている自分がいた。
旧ファミコンの頃は、幼かったせいもあり何でも楽しく感じたんだ。
それが中学位になると、過去の経験(当たりハズレ)から、好きなシリーズ物(ドラクエとか)を好んだり、
イマイチだったゲームジャンルには手を出さないようにしようとしたりして、目が肥えて行ったんだと思う。
これが、大人になっていくってやつなのかもしれないけどな。。。

30歳を越えると、【ゲーム=あの頃を思い出す物】というツールになっていた・・・

よく、音楽を聞くと、当時の事を思い出すという話をする事がある。
僕にとっては、ゲームがそれだったりする。
小学生の頃、中学生の頃、楽しかった年代の思い出と共にゲームがあった。
正確に何歳の時にこのゲームが・・・という説明はできない。漠然と中学の頃・・・みたいな思い出として各ゲーム機やソフトの思い出が自分なりにある。
だからゲーム音楽を聴くだけでもジーンと感動しちゃうんですよ。
ゲームをやらない人には考えられないと思いますが思い出が詰まってるわけですからね・・。

そして、今は40代のオッサンになった。あの頃に戻りたくて・・・

あの頃は、幸せだった。
何が幸せだったかっていうと、家族が全員生きていた。ってことだ。
若い人には、この感覚はわからないだろうし、知りたくもないかもしれない。
僕も若い時はそうだったから。
当たり前の事だけど、日々人は歳を取ってるんだよな。
若ければ若いほど、そんな危機感はなかった。
家族って一生一緒だと思っちゃうくらいなもんだった。
でも、現実は厳しいね。。。。次々と命を奪っていくんだから。。。
そして、今は独りになってしまった。
この孤独感、日々の辛さと悲しさ。
ドラクエに燃えていた頃は、間違いなく家族は存在していた。
できるならタイムスリップしてあの頃に戻りたい。
ゲームの攻略しか悩みがなかった、あのゆる~い頃に戻ってファミコンをしたい。
今はゲームをやってる余裕はゼロ。日々生活に追われている。
だから、余計に旧ゲームをしたくなるのかな。
同趣味の同年代の人と話すと、『あの頃、買えなかったゲームを買ってやりたい』と言う人が多いけど僕はちょっと違うみたいだな。

今は値上がり傾向なのか、レトロゲームは高値で売買されていた・・・

以下にある写真は、足利にあるブックオフの買い取り価格表です。
結構な値がついてますよね・・・。
もちろん、販売価格は、これの3割以上増しです!
これじゃ、とてもじゃないですが買えませんね・・・。
ファミコンソフトも、一時はハードオフのジャンク品などで100円均一であったりしましたが、
今じゃ108円であるのは、ファミスタなどの野球ゲームか、やたら数が出回った駄作しかない。
500円~1000円で売られてる店も少なくない。
特に、ガラクタ鑑定団や万代書店なんかはプレミア価格でバカ高だ。
お勧めは実店舗なら、やはりハードオフだろう。これは足で探すしかない。
ある程度、予算があって(5万前後)、まとめてファミコンなどのレトロゲームが欲しいのであれば、
ヤフーオークションの『セット販売』が一番おいしいと思う。
僕は金がないので買えないけど、セットで買えばかなりお買い得な内容も多い。
でも、足利のオフハウスはレアな本体などが結構多用多種あるから、
買う事はないけど、見るだけなら楽しいと思う。
レトロゲームファンで、北関東に行く機会がある人、
または北関東在住だけど足利のブックオフは来たことない人は、1度行ってみる事をお勧めします。
IMG_20160505_151838

IMG_20160505_151856

IMG_20160505_151917

sponsored link

down

コメントする




管理人

81jin

81jin

youtubeも投稿しています お気軽にコメントしてくださいね。 [詳細]

おすすめクレジットカード8選
高還元のクレジットカード



sponsored link