ハイジンネット

今日は悪夢を見た。12年前に同棲していた元彼女が出てきたからだ。こんな夢は12年間見た事なかった。

time 2017/03/16

今日は悪夢を見た。12年前に同棲していた元彼女が出てきたからだ。こんな夢は12年間見た事なかった。

チョコ
僕はよく夢を見る人間だ。
子供の頃からずっとよく夢を見てる。
若い時にこんな話をしていたら、『疲れてないから夢をみるんだよ』と言われた事がある。
確かに、若い時に嫌々無理してハードなバイトを頑張ってた時期は夢をみなかったような気もする。
それが、体力的なものなのか、寝てる最中まで『そんな事してる暇がない!』と現実世界同様に忙しい気持ちでテンパっていて夢すら見る余裕がないのかはわからない。

12年前に同棲していた彼女が夢に出てきた。非常に重くリアルな夢だった。

12年前に別れる別れないで大揉めした2週間の時でさえ見なかった彼女の夢。
チラっと内容がないような夢に出てきた事は何度かありましたが、
昨夜の夢ほどリアルで濃い夢は12年間見た事なかった。
あまりに重い雰囲気の悪夢だったので、飛び起きてしまったほどだ。

夢って凄いよな・・・。だって、歳をとった今の彼女との再会なんだから。

夢の中の設定も絶妙だった。
お互いに歳をとり、外見も12年経過して老けた今の感じだった。
もちろん、彼女は既婚者になっていて子持ちという現実と同じ設定だった。
ただ、夢の中の世界だから、要所要所の設定というか状況がぶっ飛んでるんだけど、
夢をみてる最中は全く不自然だとは思わないでバーチャルな体験をしていくことになる。

どこか日本じゃない国の大きめで小奇麗な安宿だった。
多分、この宿の元ネタ?!は一緒に最後にニュージーランドのクライストチャーチ周辺に泊まった宿の何軒かがモチーフになっているんじゃないかと思っている。
再会は、街角でバッタリ的なものじゃなく、
なんかよくわからないけど、急にどこかで待ち合わせしてる状況から始まった。
もしかしたら、そこにいくまでの経緯も夢みてたのかもしれませんが忘れている。
部屋は大きい2人部屋だったけど、彼女が先に部屋に来ているみたいだ・・・とわかってるような状況で、
僕が部屋に入るというようなシチュエーションだった。

2人部屋で2人で再会なんて言うとえろっぽい印象をもたれがちですが、
海外の安宿は男女MIXも多く、普通に同部屋で宿泊って感じなので、
この夢の中も再会は知っているが、それがたまたまココだったくらいの深い意味がない感じだった。

夢の中でも再会したい気分と再会したくない気分の半々で部屋のドアを開けた。
12年ぶりの再会。
彼女はスーツケースを広げて荷物を出していた。
僕は重い空気にならないように気を使って明るめに取り繕って挨拶した。
彼女は落ち着いていた。
それでも10年以上振りの再会ということで『久しぶり!元気そうだね』と静かな笑顔で言ってきた。
と、同時に、オチャラケながらハグをして迎えてくれた。
夢の中でも、この瞬間に感じた事は『痩せたな』って事だった。
すぐに離れないハグ。僕は受身で彼女が離れるのを待ってる感じだった。
長いようだったけど実質1分くらいなのかな。ハグされながら僕は聞いた。
『旦那さんとは上手くいってるの?』と。
彼女はそれを聞いた瞬間に離れて『うん、すっごく上手くいってるよ!』と笑顔で答えてきた。
その台詞と笑顔のリアクションに本当にうまくいってるんだなってすぐにわかった。
その感情と共に残念だな・・と少しショックを受けた自分もいた。

そこから夢の中では彼女抜きで、宿内でいろんな人と話して遊んで楽しい感じだった。

そして、また彼女と二人きりになるシーンになる。
夕飯を一緒に作っている。
これも12年前に一緒に作った料理や状況が夢にオマージュされてるのかもしれない。
しかし、ここで12年前と明らかに違うのは2人の距離であり、
なんとも言い難い【壁】だった。
お互いに根の部分で思ってる事があるのはよくわかってる感じだ。
それでも12年ぶりの再会って事と、2人とも40歳を越えたいい歳のオッサンオバサンで、
かたや2人の子持ちで10歳近いガキがいる親ならギャーギャー言う事もないだろう。
そんな微妙な雰囲気と空気感が夢の中でも重苦しい感じで、
異常に気まずい感じだった。

そしてクライマックスへ!

出来上がった料理を並べ一緒に食べ始めた。
こんな再会で、こんな気まずい雰囲気なのに2人っきりという現実では有り得ない罰ゲーム的な状況で、
必死になって楽しい方へ盛り上げようと自分なりに楽しい方向への話をするんだけど、
ことごとく不発。
(これと同じ状況が、夢の元彼女相手に限らず、好き嫌いとか関係なくよくある事ですが、きっと相性が最悪な相手なんだろうな・・。)
かと言って、相手がムカついてるとか喧嘩腰ってわけじゃないから余計に辛い。

そして、ある話になった時に、彼女が相槌もしなくなった。
僕は聞こえてないものだと思って、もう1度独り言のようにつぶやいた。
彼女は無言のまま食べている。
僕は何の気もな『聞いてる?』と聞いた。
間髪入れずに『聞こえてるよ!』と返してきた。

その話こそが別れ際の話だった。
僕は12年ぶりと言う事と、彼女が2人の子持ちで旦那とも仲良くやってるという話を聞けたので、
これなら大丈夫かと昔話を笑い話にしようとしたが、
彼女は『今でも覚えてるよ!あの時さ・・・』と、
まるで先週の出来事かのように、あの時の別れ話の時の心情を話してきた。
しかし、僕も負けじと、『あれは酷いと思うよ!』と彼女の当時の身勝手さを批判した。
喧嘩 別れ

大声を張り上げるような言い争いこそはしないものの、
静かに口論して互いの言い分をぶつけあっていた感じだった。
そして彼女が言って来た。

『12年経ってもなんにも変わってないね!』と・・・

ここで目が覚めた。
起きた時は凄い疲労感だった。
爽やかな目覚めとは真逆の最悪な目覚めだった。
彼女との別れの経緯とかは旧ブログのほうに昔書いたような気がしますが、
興味がある人はそっちも読んでください。

あれは20代最後の年だったけど、
あの一件で女性に対する気構えや振る舞いが一気に変わった。
僕にとっては結構大きな経験です。
できることなら、こんな経験は20代前半にしたかった。
でもあれか、前向きに考えれば30代半ばや40歳で喰らわなくて良かったと思うべきか。

女なんか絶対に信じちゃいけない。
絶対にだ。
マジになるだけ時間の無駄。
『好き好き』言う女に限ってアホみたいに浮気する。
『ねぇ、私のこと好き?』って確認してくる奴も同類だ。
それでも付き合うなら、裏切られた時の痛手を最小限にしなくてはいけない。
①絶対に相手の為に金を使うな!
②感情を入れ込まず上っ面で付き合え!
この2点だけ遵守して付き合えば、アホな女に捕まってしまったとしても痛手は最小限に抑えられるはずだ。

泣き暗い落ち込み今の若者は恋人は要らない人が昔より増えたという。
専門家は少子化問題だの男の草食化だの言っているが、
実は恋愛に対して賢い奴が増えたのかもしれないと思ったりもしている。
上記であげた僕の注意点は、僕は30歳で経験から習得しましたが、
今の若者は20代半ば前で習得してるのかもしれないな。
それなら面倒くさい付き合いなんてしないで1人でゲームやアニメなどオタク的な趣味に走る若者が多いのも頷けるし、
それのほうが精神衛生上、アホな生身の人間の女と付き合うより気持ちの余裕と癒しが感じられるのかもしれないな。

少なくても僕がそうだな。
ゲームやアニメの世界に没頭していたほうが良いと思ってる。
どこからどうまわってくるかわかりませんが、
このブログはアニメやゲームのオタクの男女からのメッセージも多い。
きっと僕から同志的な何か滲み出てるのかもしれないな。

この記事によって、それが確信に変わっていただけたら幸いです。

sponsored link

down

コメントする




管理人

81jin

81jin

youtubeも投稿しています お気軽にコメントしてくださいね。 [詳細]

おすすめクレジットカード8選
高還元のクレジットカード



sponsored link